ウォーターサーバーのメリット・デメリット

「安全で美味しい水が飲みたい!」と思った時、ミネラルウォーターを買ったり、浄水器を取り付けるのもいいのですが、ウォーターサーバーという選択肢もあります。
ちょっと昔までウォーターサーバーがある家庭は珍しく贅沢品というイメージでしたが、最近では価格も手頃になり、水の種類やサーバーのデザインも豊富で使いやすく身近な存在となっています。私の周りでもウォーターサーバーを使っている人は多く、その便利さに一度設置すると無くてはならないものとなっているようです。

しかし、ただ「便利・良い」と言うわけではありません。 もちろん電化製品ですので、何らかの故障が起こることもありますし、経済的にも多少の負担はでてきます。
そこで、ウォーターサーバーを使用中の方が、使いだして良かった・悪かったと感じるウォーターサーバーのメリット・デメリットをご紹介していきます。

メリットそれともデメリット主婦画像

ウォーターサーバーのメリット・デメリットの目次

ウォーターサーバーの主なメリット

ウォーターサーバーを設置する事で感じるメリットをいくつか紹介します。

安心・安全な美味しい水

水道水は昔よりきれいになったと言われる方もいますが、やはりカルキ等の嫌な臭いがしたり、塩素消毒してある為か美味しくなくそのまま飲む気にはなれません。長年使用されている水道管のサビやカビ、マンションの貯水タンクの汚れなども影響していると思われます。
また、原発事故以降の放射能汚染や環境問題などもあります。

それに比べウォーターサーバーの宅配水は、安全検査(水質・放射性物質等)を行っていて、薬品消毒も無く、安心安全です。
さらに、水が美味しく手軽で、「子供がジュースじゃなくウォーターサーバーの水を飲むようになり健康的で、経済的にも助かっています。」との声も聞きます。

冷水と温水がいつでもスグに飲める

ウォーターサーバーは、飲みたいときにいつでも待たずに温水と冷水が使えます。夏は冷たいお水やお茶をスグに飲め、冬は温かいスープやコーヒーも簡単に作れます!

また、赤ちゃんのミルク作りやカップラーメン等も手軽にできて、子育て中のママや受験勉強中のお子さんの夜食にもおすすめです。

買い物がラクに

スーパーなどでペットボトルの水を買って自宅まで持って帰るのは大変ですよね。ウォーターサーバーのお水は家まで宅配してくれるのでお買い物が楽チンです。

美容と健康にも◎

人の体の水分量は、成人男性で約60%、成人女性で50%~55%、子供や乳幼児だと75%~80%といわれるほど、水は人体には欠かせません。

人は毎日約2リットル程度の水を飲んだ方が良いといわれ、水が体の細胞を作る助けをしています。水分量が減ることで、肌が乾燥しカサカサになる原因にもなります。
ウォーターサーバーの水の中には、美容や健康に良いミネラル成分が含まれているものが多くあり、ご自身に合ったそれぞれの水を選ぶことができます。
また、温水と冷水を混ぜる事で「白湯」がスグに作れます。「白湯」はダイエットやむくみ解消に良く、内臓を温めてくれ代謝率も上がるため美容・健康共に効果的だと言えます。

災害時の備蓄水に

宅配されるお水は、未開封の場合3ヶ月から長いものでは1年くらい賞味期限が定められています。災害や緊急時の備蓄水にも使うことができます。

ウォーターサーバーの主なデメリット

メリットもあればデメリットもあります。しかし、デメリットは最初に良く調べ、自分に合ったものを探すことでいくらかは解消されるものもあります。

費用が掛かる

ウォーターサーバーのお水は安いもので500mlあたり39円程度ですが、電気代やサーバーレンタル料(無料の業者もある)も月額料金として掛かります。それに比べ、スーパーなどで売ってある水は2Lで100円程度、500ml換算すると25円程度と費用だけでみるとやはりスーパーで買った方が安いです。
また、配達地域によって水の送料が掛かる場合や、一定期間続けないと解約金が掛かる場合もあります。

設置スペースがいる

当たり前のことですが、ウォーターサーバーを置く為の30~40c㎡の設置スペースの確保が必要です。高さは床置きのロングタイプのサーバーで130cm程度、卓上型のショートタイプで80cm程度です。
走り回ったりする小さなお子様がおられる家庭ではお子様がぶつかって、ケガや故障を避けるため壁際に設置したほうが良いでしょう。また、スペースの確保が難しい場合には卓上型もおすすめです。
サーバーの置き場所と、宅配してもらった水の保管スペースも必要なので前もって考えておきましょう。

水の交換が女性だと力がいる

お水は業者が届けてくれるので、スーパーやコンビニまで買いに行く必要がなくなりますが、水の交換が必要になります。ウォーターサーバーのお水は12L入りボトルが多く、高齢者や女性のお水交換には少し力が必要です。
最近では、7L入りの軽量のボトルや、サーバー下部に設置するタイプ等、水の交換がラクに行なえるものもあり、高齢者向けや、女性向けにはそちらのウォーターサーバーがおすすめです。

メリット・デメリットを比べてみて

上記の様に、ウォーターサーバーにはメリットとデメリットがあります。
申込む前に、きちんと調べておくことでメリットを多く活かし快適に利用することができます。ご自身の生活環境と照らし合わせてお考えください。
私の場合は使用するメリットの方が大きく、便利で手放せません♪

人気の条件・用途でウォーターサーバーを比較


ウォーターサーバーのお役立ち情報 >>

 
メニュー
ページ目次
ページトップへ戻る