ウォーターサーバーの水と水道水の違い

今、病院・オフィス・美容室など様々な公共の場でウォーターサーバーを目にしますが、最近では自宅にもウォーターサーバを設置している家庭が増えています。

ウォーターサーバーの宅配水は、安全で美味しい水を温水・冷水ですぐに飲むことができますが、レンタル料や電気代などメンテナンス費用がかかるからちょっと・・・と抵抗がある方もいらっしゃいます。
しかし、年々ウォーターサーバーを設置する家庭が増えているそのメリットを、ウォーターサーバーと水道水とで比較してご紹介いたします。

また、最近では水道水が使える水道直結ウォーターサーバーも登場しており、ウォーターサーバーと水道水のメリットも兼ね備えています。気になる方はそちらもご検討されてはいかがですか?

安全性について

水道水の水はなぜ美味しくない?

ウォーターサーバーの宅配水は「安全で美味しい水」を売りに販売している業者が多いですが、実は日本の水道水は他国に比べとても厳しい法律上の元管理されているため、水道水が「安全ではない」と言うわけではありません
では、なぜ水道水は「美味しくない」、「飲まない方が良い」といわれるのでしょうか?

それは、水道水はダムや河川などの汚れた貯水池の水を使用する為、塩素消毒が欠かせません。
塩素消毒をする際に残留塩素が混ざり、トリハロメタンなどの有害物質が発生します。
さらに、ご家庭の蛇口に届くまでに通る、水道管のサビや、マンションの貯水タンクの汚れなどが溶け込み、味の不味さや安全性に疑問が出てくるわけです。

ただし、ウォーターサーバーの水も長年サーバー本体のメンテナンスもせずに使用していたら、不衛生で汚い水となるため、必ず定期的なメンテナンスを行なってください。
最近では、サーバー本体に温水を循環させる機能が備わった「メンテナンスフリー(内部メンテナンスが不要)」のサーバーも登場しています。

ちなみに、ウォーターサーバーの宅配水は食品衛生法、水道水は水道法による規制が設けられており、同じ水でも安全基準は違います。

味の違い

ウォーターサーバーに使用されている天然水は、殺菌や消毒などはされておらず、特定の水源から採水された天然水が業者の衛生管理の元ボトリングされています。
なので、水道水から臭う“カルキ臭”をとるために沸騰させて飲む人もいますが、ウォーターサーバーは臭いを気にする必要もなく、天然水のそのままの味を美味しく味わうことができます。

また、水道水は薬品(塩化石灰)を使って殺菌・消毒がされているのに比べ、ウォーターサーバーの天然水は何年もかけて地層で有害物質を取り除きながら濾過された天然水がボトリングされているため、味や臭い、新鮮さに関してはウォーターサーバーの方がメリットが多いです。

ミネラル成分の違い

ミネラルが多く含まれることでどのようなメリットがあるのか それぞれの成分をもとに見てみましょう。

ウォーターサーバーの宅配水

ウォーターサーバーの天然水は、地層で長い年月をかけて濾過されていおり、地中でミネラルが溶解された地下水となった水はミネラルを多く含んだ天然水となります。ミネラルが多く含まれた水は、健康・美容・ダイエット等の面で様々なメリットがあるため、ミネラルウォーターを手軽にいつでもおいしく飲めるウォーターサーバーはとても便利です。

水道水

水道水にも、ナトリウム・マグネシウム・カルシウム等のミネラルが含まれていますが、地域により異なります。水道水には塩素が入っているためマグネシウムなどに反応してカルキ臭があります。

美味しく飲めるのはウォーターサーバーの天然水のようです。

ウォーターサーバーと水道水を比較して

これまで見てきたように、ウォーターサーバーと水道水では味・臭い・安全と衛生管理にそれぞれ違いがありますが、決して水道水が「飲めない水」というわけではありません。
価格でいえば、間違いなく水道水のほうが安く済みます。
しかし東日本大震災後、放射能汚染水問題もあり、安全かつ衛生的なウォーターサーバーを置くご家庭が増えています。

最近では、水道直結ウォーターサーバーも登場しており、ウォーターサーバーのメリットである温水と冷水がすぐに使え、水道水のメリットであるボトル交換の手間がないという点を合わせています。
また、使い放題で定額制のリーズナブルな価格なので、水の消費が多い学校や会社などで注目されています。

人気の条件・用途でウォーターサーバーを比較


ウォーターサーバーのお役立ち情報 >>

 
メニュー
ページ目次
ページトップへ戻る