ウォーターサーバーのミネラル成分や硬度で比較

ウォーターサーバーの宅配水(天然水とRO水)はメーカーごとに採水地や処理方法が違い、含まれるミネラル成分の種類や量など様々です。

ここでは、宅配水をミネラル成分の含有量PH・硬度などで比較しました。

このページの目次

宅配水の成分比較表

【PH】酸性:~6.9、中性:7.0、アルカリ性:7.1~【硬度】軟水:~60、中軟水:61~120

1リットルあたりの成分で換算しています。

▼表が途切れている際は横スライドさせて下さい▼

水の銘柄



P
H





(mg)





(mg)






(mg)




(mg)





(μg)



(mg)




水の銘柄



PH





mg





mg






mg




mg





μg



(mg)




アクアクララ

アクアクララ公式

RO水

ミネラル
(ボトルド
ウォーター)
29.7 7.3
(弱アルカリ)
9.8 5 1.2 1.7 - - -

詳細

公式

アクアセレクト

アクアセレクト公式

天然水
(ナチュラル
ウォーター)
30 8.2
(弱アルカリ)
10 4.3 1.0 0.7 - - -

詳細

公式

アルピナウォーター

アルピナウォーター公式

RO水
(ボトルド
ウォーター)
1 - 0.2 0.6 0.1 0.1 - - -

詳細

公式

うるのん

うるのん公式

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
29 8.1
(弱アルカリ)
7.7 5.5 2.4 1.1 50 - -

詳細

公式

キララ

キララ

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
28 8.2
(弱アルカリ)
7.1 4.4 2.5 1 70 48 炭酸水素
イオン

37
mg
亜鉛
10
μg

詳細

公式

クリクラ

クリクラ

RO水

ミネラル
(ボトルド
ウォーター)
30 - 6.6 5 3.3 1.7 - - -

詳細

公式

コスモウォーター
(京都の天然水)

コスモウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
30 6.9
(弱酸性)
8 9.7 1.6 0.5 - - -

詳細

公式

コスモウォーター
(静岡の天然水)

コスモウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
53 7.7
(弱アルカリ)
15 13 3.6 1.6 61 - -

詳細

公式

コスモウォーター
(大分の天然水)

コスモウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
62 7.8
(弱アルカリ)
16.6 44.8 4.8 8 - 72 有機ゲル
マニウム

4
μg
亜鉛
0.16
mg

詳細

公式

サントリー
(南アルプスの天然水)
サントリー南アルプス天然水公式

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
30 7
(中性)
1.5

0.6
1.0

0.4
0.3

0.1
0.5

0.1
- - -

詳細

公式

信濃湧水
信濃湧水
天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
16 7
(中性)
5.4 2.7 0.5 0.5 - - -

詳細

公式

ハワイウォーター

ハワイウォーター公式

RO水
(ボトルド
ウォーター)
1 - 0 0.56 0 0 - - -

詳細

公式

フレシャス
(富士)

フレシャス

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
21 8.1
(弱アルカリ)
5.7 5.2 1.9 0.7 86 - -

詳細

公式

フレシャス
(木曽)
フレシャス
天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
20 7.5
(弱アルカリ)
5.6 2.4 1.2 2.4 - - -

詳細

公式

フレシャス
(朝霧高原)
フレシャス
天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
85 8.5
(弱アルカリ)
15 80 11 2.9 180 - -

詳細

公式

プレミアムウォーター
(富士吉田)

プレミアムウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
25 8.3
(弱アルカリ)
6.4 6.8 2.2 1.2 91 - 亜鉛
1
μg

詳細

公式

プレミアムウォーター
(金城)

プレミアムウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
83 8.0
(弱アルカリ)
32 13 0.77 1.2 - 40 サルフェ
ート

16
mg

詳細

公式

プレミアムウォーター
(朝来)

プレミアムウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
45 7.1
(弱アルカリ)
13 13 3 1 - 14 サルフェ
ート

10
mg

詳細

公式

プレミアムウォーター
(南阿蘇)

プレミアムウォーター

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
36 7.5
(弱アルカリ)
8.9 5.4 3.3 3.2 - 49.7 -

詳細

公式

プレミアムウォーター
(北アルプス)

プレミアムウォーター
※北海道の方限定

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
29 7.1
(弱アルカリ)
8.3 5.6 1.9 1.1 - 27 サルフェ
ート

5
mg

詳細

公式

マーキュロップ

マーキュロップ

天然水
(ナチュラル
ミネラル
ウォーター)
24 8.1
(弱アルカリ)
6.8 4.7 2.3 1.2 86 - -

詳細

公式

ミネラルウォーターの分類について

飲料水だけでなく、お米を炊いたり、料理に使ったり、日常の様々なところで活用されるミネラルウォーターですが、「ミネラルウォーター=天然水」だと思っていませんか?

農林水産省の「ミネラルウォーターの品質表示ガイドライン」では、以下の4つの分類に分けられます。
そのうちウォーターサーバーの天然水は「ナチュラルウォーター」と「ナチュラルミネラルウォーター」の分類になり、RO水は「ボトルドウォーター」になります。

ナチュラルウォーター

特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理をしていない水。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中または地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水。天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む。)を原水とした水。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、ミネラルの調整、ばっ気(空気を溶け込ませること)や、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われた水。

ボトルドウォーター

「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」以外の水。

参照元:ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン(H2.3.30農林水産省局長通達 食流第1071号)

天然水とRO水の違い

天然水について

天然水ができるイメージ

山頂の雪解け水や雨が、大自然の地層によって長い年月をかけてろ過されてできた地下水です。
ろ過される際に、自然の豊富なミネラル成分が溶け込み美味しい天然水になります。

メーカーごとに採水地(採水工場)が違い、ミネラル成分の含有量も様々です。

ウォーターサーバーの天然水には「ナチュラルミネラルウォーター」と「ナチュラルウォーター」があり、そのほとんどは「ナチュラルミネラルウォーター」になります。

RO水(逆浸透膜水)について

RO水が作られるイメージ

0.0001ミクロンの極小フィルターROフィルター(逆浸透膜)でろ過された限りなく純水に近い水。
水の美味しさの素であるミネラル成分も同時に除去されるため、後からミネラル成分を配合させ、飲みやすくした軟水のRO水もあります。

RO水には「ボトルドウォーター」に分類されます。

天然水とRO水を比較

天然水 RO水
原水
地下水 水道水・河川・地下水
処理方法
ろ過、沈殿、加熱殺菌 ROフィルター
メリット
  • 自然のミネラル含有で美味しく飲める
  • バナジウムやシリカ含有の天然水など種類が豊富
  • 天然水に比べ、水の価格が安い
デメリット
  • RO水に比べ、水の価格が高い
  • ミネラル成分が除去されるので、飲み口が味気ない

水の硬度について

軟水 硬水
軟水 中軟水 硬水 超硬水
硬度
0~60
mg/L未満
硬度
60~120
mg/L未満
硬度
120~180
mg/L未満
硬度
180
mg/L以上
ミネラルの含有量が多い少ない

天然水に含まれるミネラル成分には、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムの他に、バナジウムや有機ゲルマニウム、シリカ、亜鉛などがあります。

そして水の硬度とは、ミネラル成分の中の「カルシウム」と「マグネシウム」の含有量によって算出されます。
硬度の値が0~120mg/l 未満の水は軟水(軟水、中軟水)と呼ばれ、120mg/l以上の水は硬水(硬水、超硬水)とされています。
下記の計算式で算出されます。

硬度=『カルシウム(mg/L)』×2.5+『マグネシウム(mg/L)』×4.1

雨や、溶けた雪などが地中に浸み込み、天然の地層のフィルターによってろ過される際に、地中のミネラル成分が溶け込んでミネラルウォーターとなります。
ですから水の採水される場所によって、含まれるミネラル成分の量が変わってくるんです。

ミネラル成分による味の違い

カルシウムについて

カルシウムは、骨や歯を形成するのに必要な成分です。
カルシウムが多い硬水は飲み口が重たく感じますが、ウォーターサーバーの水はどれも軟水で、カルシウムの量が多くても、まろやかに感じる程度で飲みやすいです。

ナトリウムについて

ナトリウムは食塩にも含まれる成分で、汗などと一緒に失われます。
ナトリウムが多過ぎると海水のようにしょっぱく感じますが、ウォーターサーバーの水に含まれるナトリウムの量で、しょっぱいと感じる事はまずありません。

マグネシウムについて

マグネシウムはカルシウムと相性が良く、カルシウムと同様に骨や歯を形成する成分です。
マグネシウムが多すぎる水は苦みを感じることもありますが、ウォーターサーバーの軟水では苦みはありません。

カリウムについて

カリウムは細胞の浸透圧を調整する働きがあるミネラル成分です。
ナトリウムと一緒に汗などで失われます。

PH(ペーハー)

PH(ペーハー)とは、水の酸性・中性・アルカリ性なのかを表した数値で、0~12の値で表されます

PH7が中性となり、数値が7より低くなるにつれ酸性が強くなり、7より数値が大きくなるにつれアルカリ性が強くなります。
人の血液のpHは、約7.35~約7.45の間で、中性に近い弱アルカリ性になります。

酸性の食品は肉や魚などで、アルカリ性の食品は野菜や果物になります。
ウォーターサーバーの宅配水はPH7~8くらいで、中性または、中性に近い弱アルカリ性になります。

この記事の関連ページ

赤ちゃんミルク向けウォーターサーバーで比較
赤ちゃんがいるご家庭でおすすめのウォーターサーバーを比較ランキングしました。
シリカ水が飲めるウォーターサーバーを比較
シリカが含まれた宅配水を、含有量で比較しました。
バナジウム水が飲めるウォーターサーバーを比較
バナジウムが含まれた宅配水を、含有量で比較しました。

ウォーターサーバーの宅配水を比較 >>

 
メニュー
ページ目次
ページトップへ戻る