ワンウェイとリーターナブルのボトル容器で比較

ウォーターサーバーのボトル容器には、「ワンウェイボトル(使い捨て)」と「リターナブルボトル(回収)」があります。

使い切った容器を回収せずゴミで処分できるのが「ワンウェイボトル」と呼ばれ、空の容器を回収するのが「リターナブルボトル」と呼ばれます。
それぞれにメリットとデメリットがあり、ここではウォーターサーバーのボトル容器で比較しました。

ワンウェイとリーターナブルのボトル容器で比較

ウォーターサーバーボトル容器の種類

ウォーターサーバーの容器は、基本的に以下のボトルタイプに別れています。

ワンウェイボトル
(ゴミ)
リターナブルボトル
(回収)
硬質プラスチックボトル 厚手ビニールパック ガロンボトル
プラスチックボトル(ワンウェイ)
ウォーターパック(ワンウェイ) ガロンボトル(リターナブル)

↓使い終わった状態↓

使い終わったプラスチックボトルを潰した画像(ワンウェイ)

↓使い終わった状態↓

使い終わった厚手ビニールパックを潰した画像(ワンウェイ)

↓使い終わった状態↓

ガロンボトル(リターナブル)
コスモウォーター
プレミアムウォーター
フレシャス
キララ
アクアクララ
クリクラ
アルピナウォーター
メリット
  • ゴミで出せる。
  • 使い捨てで衛生的。
  • 使用中も外気が入り込みにくい。
  • ゴミで出せる。
  • ゴミも小さくかさばらない。
  • 使い捨てで衛生的。
  • 使用中も外気が入り込みにくい。
  • 軽量で水の交換もラク。
  • ゴミが出ない。
  • 環境に優しい。
デメリット
  • ゴミが増える。
  • ゴミが出る。
  • 容量が少ない分、水交換頻度が増す。
  • 回収まで空ボトルの保管が必要。
  • 殺菌・消毒はするが使い回し。
  • 使用中に外気が入り込んでしまう。

ウォーターサーバーのボトル容器比較表

比較表の各項目をタッチすると並替できます。

▼表が途切れている際は横スライドさせて下さい▼

商品名
【公式ページ】
↓↓↓↓










(L)


HP
↑↑↑↑
【公式ページ】

商品名










(L)


HP
アクアクララ
(7L)
アクアクララ
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル
R
O
7
L

詳細

公式

アクアクララ
(12L)
アクアクララ
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル
R
O
12
L

詳細

公式

アクアセレクト
アクアセレクト
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

11.35
L

詳細

公式

アクアセレクトライフ
アクアセレクトライフ
ワンウェイ
(使い捨て)
厚手
ビニール
パック

8
L

詳細

公式

アルピナウォーター
(12L)
アルピナウォーター
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル
R
O
12
L

詳細

公式

アルピナウォーター
(18.9L)
アルピナウォーター
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル
R
O
18.9
L

詳細

公式

うるのん
(富士天然水さらり)
うるのん
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

12
L

詳細

公式

クリクラ
クリクラ
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル
R
O
12
L

詳細

公式

コスモウォーター
(静岡/京都/大分)
コスモウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

12
L

詳細

公式

ハワイウォーター
(8L)
ハワイウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル
R
O
8
L

詳細

公式

ハワイウォーター
(12L)
ハワイウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル
R
O
12
L

詳細

公式

フレシャス
(富士-4.7L)
フレシャス
ワンウェイ
(使い捨て)
厚手
ビニール
パック

4.7
L

詳細

公式

フレシャス
(富士/木曽/朝霧)
フレシャス
ワンウェイ
(使い捨て)
厚手
ビニール
パック

7.2
L

詳細

公式

フレシャス
(富士-9.3L)
フレシャス
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

9.3
L

詳細

公式

プレミアムウォーター
(富士/金城/南阿蘇)
プレミアムウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

12
L

詳細

公式

プレミアムウォーター
3年パック
(富士7L)
プレミアムウォーター
ワンウェイ
(使い捨て)
硬質
プラスチック
ボトル

7
L

詳細

公式

マーキュロップ
マーキュロップ
リターナブル
(回収)
ガロン
ボトル

12
L

詳細

公式

ワンウェイボトルとリターナブルボトルどっちがおすすめ?

回収と使い捨てのボトル容器で悩んでいる女性

ワンウェイボトルのメリット・デメリット

ワンウェイボトルのメリット

ワンウェイボトルのメリットは、使い切った容器をゴミで出せる点です。回収まで空の容器を保管しなくて良いので置き場所も取りませんし、使い切りタイプで衛生的で安心です。

容器の素材は硬質ペットボトル厚手ビニールでできており、「フレシャス」「キララ」が採用している厚手ビニールの容器が小さく畳めて捨てる事ができるのでゴミもかさばらず大変便利です。
硬質ペットボトルの容器は「コスモウォーター」や「プレミアムウォーター」があり、ゴミが多くなります。

ワンウェイボトルの殆どが、外気が入りにくい真空構造で、お水の使用量に合わせ圧縮され潰れていくので衛生的です。

ワンウェイボトルのデメリット

デメリットはゴミが増える事です。宅配時には段ボールに入れられて届き、ボトル容器は潰せるようペットボトルの素材や厚めのビニールでできています。
回収がなく便利な反面、段ボールと使い切った容器がゴミとして増える事になります。

ワンウェイボトルおすすめサーバー

順位ウォーターサーバーボタン
ランキング フレシャス
フレシャス
詳細
公式
サーバーのデザインで選ぶならフレシャスグッドデザイン賞受賞のdewoは機能性にも優れて、電気代も330円と激安!水は超軽量の7.2Lパックで水交換もラク!美味しさにも好評☆オシャレで使い勝手もよく大人気♪
ランキング コスモウォーター
コスモウォーター
詳細
公式

コストパフォーマンスの高さNo.1で人気♪足元に水ボトル設置だから交換もラク。電気代も465円と安く、機能性に優れた衛生的な特許取得のウォーターサーバーです。

ランキング プレミアムウォーター
プレミアムウォーター
詳細
公式

「富士吉田」「朝来」「南阿蘇」の3つの天然水が選べ、3年パックで水代がお得♪妊婦さん~5歳児のいる家庭なら更にお得なベビープランがおすすめ☆サーバーもおしゃれで高機能です☆

リターナブルボトルのメリット・デメリット

リターナブルボトルのメリット

リターナブルボトルは使い切ったボトルを回収し、十分に洗浄殺菌して再利用されるボトルです。
ゴミが出ないので環境にもやさしく、容器を潰す手間も省け、家庭のゴミが増える事がありません

また、専門スタッフが直接配達してくれるので、故障などのトラブルの際にも素早く対応してくれることが多いので安心です。

リターナブルボトルのデメリット

デメリットは、専門スタッフが回収に来るまで使い切った容器を保管しておく必要があり、置き場所をとります。
また、ウォーターサーバー業者自ら宅配するところが多く、アクアクララやクリクラの様に全国的に工場がない業者は、宅配エリアが限定され、宅配日が決められており土日祝日・夜間の対応ができません

そして、リターナブルボトルはガロンタイプの容器で、水を使用する際に「ボコボコッ」と音が出て、空気が中に入っていくため衛生面には気になる所です。

リターナブルボトルおすすめサーバー

順位ウォーターサーバーボタン
ランキング アクアクララ
アクアクララ
詳細
公式

家庭用シェアNO.1の定番的なウォーターサーバー。毎月の電気代が350円~の省エネ高機能サーバーもあり、カラーバリエーションも豊富です!

ランキング アルピナウォーター
アルピナウォーター
詳細
公式

とことん安さにこだわるならアルピナウォーター。水代500mlあたり39.5円と激安で、月の最低注文数ノルマもないのが嬉しいですね♪

ランキング クリクラ
クリクラ
詳細
公式

解約金一切なしのクリクラ。宅配水業界売上No1のRO水ウォーターサーバーです。

使いやすさならフレシャスがおすすめ

上記で挙げたように、ワンウェイボトルとリターナブルボトルそれぞれにメリットとデメリットがあります。
しかし、ボトル容器で一番使いやすくて人気なのは、やはりフレシャスのウォーターサーバーです。

使い切った容器はゴミに出せるワンウェイボトルタイプですが、他社との違いは、厚手のビニール製の容器(ウォーターパック)で使い切ったら簡単に小さく折り畳めゴミも小さくかさばりません
また、7Lの軽量でボトル交換もラクです!他社のウォーターサーバーとは水の交換方法が異なりますが、とても簡単です。
そして、水を使用すると同時に容器が圧縮されるので、外気が入り込まず衛生的に保たれます。


ウォーターサーバーの宅配水を比較 >>

メニュー
目次
ページトップへ戻る