ウォーターサーバー選びのポイント

「ウォーターサーバーの種類が多すぎて、どれがいいかわからない」
「どんな機種があって、どんなお水があるのか知りたい」 
など、ウォーターサーバー選びで迷われている方に向け、様々な条件でウォーターサーバーを比較しています。

下記のウォーターサーバー選びのポイントを参考に、あなたの条件にピッタリのウォーターサーバー選びにお役立て下さい。

ウォーターサーバー選びのポイント

人気の条件で比較する

  • 総合人気ランキング
  • 使用料金で比較
  • ノルマなしで比較
  • ウォーターサーバーで比較
  • お水の成分で比較
  • 用途で比較

対応エリアで選ぶ

北海道や沖縄、離島は対応していないものが多い。

東京や大阪などの方はあまり気にすることではありませんが、沖縄や北海道の方は配達エリア外だったり、別途送料が掛かったりするウォーターサーバーが多いです。
中には、九州地方や東北地方もエリア外のウォーターサーバーもあるので、配達対応エリアを確認して選んだ方がよいでしょう。

北海道対応ウォーターサーバーで比較 >>

沖縄対応ウォーターサーバーで比較 >>

福岡・九州対応ウォーターサーバーで比較 >>

水の種類で選ぶ

天然水とRO水の違い

宅配される水には、主に「天然水」と「RO水」の2種類があります。
天然水は、長い年月をかけて自然の地層によってろ過された地下水です。ろ過される際に、地層のミネラル成分が溶け込み美味しい天然水となります。

RO水は逆浸透膜(ROフィルター)と呼ばれる極小の浄化孔フィルターでろ過した純水に近い水で、ダイオキシン、トリハロメタン、環境ホルモンなどの有害物質も取り除かれるので安全性の高い水になります。
しかし、水の美味しさの素であるミネラル成分も同時に除去されるため、そのまま飲むと物足りなく感じることがあります。そこで、ミネラル成分を人工的に含有させ、飲みやすくしたRO水もあります。

RO水は低価格で安全性も高い水ですが、自然のミネラルを含み美味しく飲める天然水のほうが人気です。

ミネラル成分や硬度

宅配水に含まれる、「カルシウム」「マグネシウム」「カリウム」「ナトリウム」などのミネラル成分の含有量は様々で、含有するミネラル成分によって、水の飲み口や味が変わってきます

軟水なのか硬水なのか決める硬度は、マグネシウムとカルシウムの含有量で計算されます。
ウォーターサーバーの宅配水のほとんどが飲みやすい軟水ですが、中には、美容や健康に注目される「バナジウム」や「シリカ(ケイ素)」を含む水などもあり、それぞれに特徴的です。

水の成分・硬度で比較 >>

ウォーターサーバーの種類で選ぶ

おしゃれなデザインで比較

最近では、様々なデザインのウォーターサーバーが登場しており、驚くほどおしゃれなサーバーがあります。
スタイリッシュで洗練されたものや、アンティークな雰囲気が漂うデザイン、ポップでカラフルなものまで。
リビングやキッチンにウォーターサーバーを設置するなら、やはり見た目にもこだわりたいですね。

おしゃれなデザインで比較 >>

小型の卓上ウォーターサーバーで選ぶ

キッチンやカウンター、テーブルの上に置いたりと、省スペースでウォーターサーバーを使用する場合には、コンパクトで背の低い卓上ウォーターサーバーがおすすめです。
床置きタイプと比べ、一度に出水できる温水の量が若干少なかったりしますが、機能面でもほとんど変わりません。

また、設置する台の高さを調節することで、ご自身に合わせた使いやすい高さで使用できるのも便利です。

卓上ウォーターサーバーで比較 >>

サーバー内部の衛生機能

最近では、ウォーターサーバー内部の衛生機能を搭載したウォーターサーバーが人気です。
タンク内部の温水を循環させることで、サーバー内部の水の滞留を防ぎ衛生的に保つ機能。
外気が入りにくいワンウェイボトルタイプや、ボトル内に侵入してしまう外気を綺麗にして取り込む機能。
などがあります。

従来のウォーターサーバーは年に1回程度の専門業者のメンテナンスが必要でしたが、衛生機能の搭載により2~3年に一度のメンテナンス、または交換で済むようになりました。

衛生機能で比較 >>

ボトル容器の種類で選ぶ

ウォーターサーバーのボトルの種類には、空き容器をゴミで捨てられるワンウェイボトルと、回収を必要とするリターナブルボトルがあります。
ワンウェイボトルの場合、宅配業者が届けるので、土日祝日の対応が可能です。
リターナブルボトルはウォーターサーバー業者が届けるため、サポート面では充実していますが、営業時間帯のみでの配達になります。

どちらが良いか使用される環境により異なりますが、ご家庭用では回収いらずのワンウェイボトルのほうが人気です。

ボトル容器で比較 >>

料金・価格でを選ぶ

月額料金

ウォーターサーバーを使用する際に、毎月かかる料金には、
「水代」
「サーバーレンタル代」
「サーバーの電気代」
「水の送料」
(ほとんどの業者が無料になります)
の主に4つがあります。

その中でも水代が占める割合が大きく、水の使用量で月額料金は大きく変わります。
サーバーレンタル代は、毎月の水の注文ノルマがある業者は無料となり、ノルマがない業者は有料となります。毎月の水の使用量が24L以上のご家庭では、注文ノルマがある業者がおすすめです。

月額料金で比較 >>

電気代が安い省エネサーバー

電気代が安い省エネサーバーが人気で、部屋の明かりが暗くなると自動的にSLEEPモードになる機能や、時間帯で省エネ運転をする機能などが搭載されています。
以前は、月に1,000円程度掛かっていた電気代ですが、省エネサーバーだと月300円程度の電気代のものまで登場しています。
料金の安さでウォーターサーバーを選ぶ場合には、水代やサーバーレンタル代だけでなく電気代も考えていたほうが良いですね!

電気代の安さで比較 >>

解約金・違約金と最低契約期間

各社ウォーターサーバーごとに、契約後からの最低利用期間が定められています。
最低利用期間を過ぎると違約金(解約金)は掛かりませんが、最低利用期間内に解約すると違約金が掛かります。
期間や違約金の金額はウォーターサーバーごとに異なります。

解約金と最低契約期間で比較 >>

キャンペーンの内容で選ぶ

新規申込キャンペーン

気になるウォーターサーバーをある程度絞り込んだ後、最後の一押しになるのがキャンペーン内容ではないでしょうか。
新規申込みの方には、水ボトルのサービスや、豪華景品など様々な特典がもらえるので、お得にウォーターサーバー生活を始めることが出来ます。

新規申込みキャンペーンで比較 >>

乗り換えキャンペーン

現在、ウォーターサーバーを使用しており、他社への乗り換えを考えているならこのキャンペーンがおすすめです!
通常は、最低利用期間を過ぎていないと違約金(解約金)が掛かりますが、乗り換えキャンペーンの適用で、契約先の業者から解約金のキャッシュバックQUOカードがもらえるんです。

乗り換えキャンペーンで比較 >>

その他のサービスで選ぶ

注文ノルマと一時停止

ウォーターサーバーには注文ノルマがある業者とノルマがない業者があります。
注文ノルマがある業者の数の方が多く、サーバーレンタル代も無料になります。
しかし、毎月ノルマをクリアできるとは限りません。そこで注目したいのが、水の配送一時停止サービスになります。

注文ノルマと一時停止で比較 >>

支払い方法

ウォーターサーバーの決済方法には、口座振替、クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、コンビニなどでの後払いサービスがあります。
クレジットカード決済はほとんどの業者が対応していますが、何らかの都合で「銀行振込で支払えるウォーターサーバーを知りたい。」など決済方法で選ぶ方もいらっしゃいます。

決済・支払い方法で比較 >>

使用目的・用途で選ぶ

赤ちゃん向けウォーターサーバー

育児や出産を期にウォーターサーバーを設置される方は多く、赤ちゃんのミルク調乳や離乳食などに向いている水はどれか迷われます。
基本は、ミネラル成分の少ない軟水もしくは純水がオススメで、硬水はミネラルの摂り過ぎになるおそれがあるため避けた方がよいです。
また、ウォーターサーバーの衛生機能やチャイルドロック機能も重要なポイントになります。

赤ちゃん向けウォーターサーバーで比較 >>

一人暮らし向けウォーターサーバー

一人暮らしでもウォーターサーバーを設置する方は増えています。
以前に比べ、サービスも多様化し、おしゃれなデザインや低価格のものなど、一人暮らしでも使いやすいウォーターサーバーが登場しています。

一人暮らし向けウォーターサーバーで比較 >>

会社やオフィスの業務用向けウォーターサーバー

会社や企業、オフィスなどに設置する場合、水の消費量が増える傾向にあるため、水の安さに加え電気代の安さにも注目した方がよいです。
また、容量が少ないボトルの場合、水の交換はラクですが、その分交換する回数が増えてしまい面倒に感じる事もあります。

業務用向けウォーターサーバーで比較 >>

選ぶ条件で比較

  • 総合人気ランキング
  • 使用料金で比較
  • ノルマなしで比較
  • ウォーターサーバーで比較
  • お水の成分で比較
  • 用途で比較

ウォーターサーバー格安料金比較 >>

 
メニュー
ページ目次
ページトップへ戻る